• ホーム
  • インスタの投稿は頻度と時間に気を付けて!

インスタの投稿は頻度と時間に気を付けて!

2019年08月08日
パソコンの画面

Instagramの投稿は投稿頻度や投稿時間に気をつける必要があり、Instagramのフォロワーを増やすにはアカウントの価値を知ってもらう事が大切です。投稿した写真をたくさんの人に見てもらうには、見られやすい投稿時間やしつこさを感じさせない投稿頻度を知ることになります。Instagramを利用しているユーザーは、傾向として1日24時間あるとするとログインする時間に傾向があります。夕方から夜にかけての17時~20時の利用率が高く、次にお昼時の12時~13時があります。それとは反対に朝から昼前までは利用率が低くなっていて、夕方から夜にかけての間、Instagramへ投稿をすることで多くの人に見てもらえる機会が多くなります。お昼時の12時~13時と夕方から夜の17時~20時が一番利用率が高いとされ、投稿をすれば見てもらえる可能性が高まります。飲食店などでInstagramを利用している人は、ランチタイムになる前にランチ情報などの情報を投稿しておくことで、来店につながる可能性も高まります。業種や利用者のライフスタイルに合わせながら、投稿時間を合わせていくことも一つの方法です。

海外のユーザーを狙っている場合は23時〜2時までに投稿することで、閲覧してもらえる機会が高まります。時差があるので、国内の時間には合わせず夜中などに投稿することで、海外の時間帯に合うという計算になります。投稿頻度は1日に4回から1週間に1.5回の頻度がしつこさを感じさせない頻度で、ユーザーも安心して閲覧する事ができます。1日に何度か投稿するようにしても、最終的に1週間に一桁の投稿しかしなくなるとフォロワーを失う傾向にあります。1投稿あたりのエンゲージメント率も下がるので、Instagramへの投稿頻度は、日常生活において負担がなく、休息も取った上で一貫して続ける事ができる頻度が良いとされます。従って、1日4回から1週間1.5回の中で自分の心地よい頻度のものを選びます。1日にたくさんの投稿をしてエンゲージメント率が上がっても、そこに無理があれば投稿頻度も下がり、エンゲージメント率やフォロワー数が下がるという仕組みです。特にキャンペーン期間のような、何かを特に強く伝えたい時には投稿頻度を上げると効果的だとしています。強弱をつけながらユーザーに飽きられない程度に、投稿していく事が、コンスタントに続ける事ができるポイントです。

関連記事
新しくリリースされたIGTVはどんなアプリなのか 2019年08月28日

IGTVは動画の投稿や視聴に特化している無料アプリで、Instagramが60秒までの短編動画を投稿できるのに対して、IGTVでは最大60分までの動画の視聴・投稿をする事ができます。InstagramTVとも言われますが、その名前の通り映像配信をテレビのように行うため、写真の投稿はInstagram

2019年08月28日
YouTuberになるならおすすめジャンルはどれ? 2019年09月12日

現在は運営側のアルゴリズムが厳しさを増した事で、新規参入のユーチューバーが稼ぐには少し敷居が高くなっています。その中でも趣味・コレクションを生かしながらレッドオーシャンとブルーオーシャンを意識する事で、ユーチューバーになるおすすめのジャンルが変わってきます。ブルーオーシャンは競合が少ないジャンルとい

2019年09月12日
あのインスタグラマーも使ってる!インストール必須の加工アプリ 2019年07月19日

Instagramへインスタ映えする写真を投稿するには欠かせない存在となっているのが、インストール必須の加工アプリです。正方形さんはとても有名な加工アプリですが、画像を簡単にInstagram用のサイズに調節できます。Instagramへ投稿をするときは、もともと長方形の写真であれば画像が、途切れて

2019年07月19日
人気インスタグラマーのフォロワー獲得方法には自動いいねが不可欠! 2019年07月07日

インスタグラマーはフォロワー数が多い方が一般的に良いとされていて、フォロワー獲得をするために工夫をしています。フォロワー数の効率化した増やし方はハッシュライクスと言う、インスタアカウント自動ツールを使う事です。インスタ映えする統一感のある写真をギャラリーへ投稿して行きますが、それだけでフォロワー数や

2019年07月07日